シミ・そばかすに効くおすすめ飲み薬ランキング!効果が高い医薬品はどれ?

シミ・そばかすに効く飲み薬選びに悩んでいませんか?

シミ・そばかすに効果がある飲む薬はたくさん販売されていますが、どれを選んでいいかわかりませんよね。

私も長年シミやそばかすには悩まされてきましたが、本当に効果があった薬はほのわずかでした。

そこでこの記事では、

  • シミ・そばかすで悩んでいる
  • どんな飲み薬を選べばいいかわからない
  • しっかりと効果がある飲み薬を知りたい

という方のために、今まで数十種類以上のシミやそばかすに良いとされる飲み薬を試した管理人の私が、本当におすすめできる飲み薬をランキングで紹介しております

少しでもこの記事でシミ・そばかすの飲み薬を選ぶ際の参考にして頂けたら幸いです。

シミ・そばかすに効く薬ランキングを今すぐ見る人はこちらからジャンプ

シミ・そばかすに関するアンケートを実施しました

そもそもどれくらいの方がシミ・そばかすに悩んでいて対策などをしているのか?気になりますよね。

独自に調査して簡単なアンケートを実施してみました。

集計は30代以上の女性100人から。

驚いたのが90%以上の方がシミ・そばかすに悩んでいるということ。

逆に悩んでいない人を探す方が大変でした。

次にシミ・そばかすの対策をしていますか?というアンケートでは、90%以上の方が何かしらの対策をしているという結果に。

対策をしてないの人はほとんどいませんでした。

そして最後にどんな対策をしているのか?では、化粧品や医薬品、サプリで対策をしているという方が多かったです

ですので、このアンケートからわかったことは「まだシミ・そばかすの対策をしてない人はまずい」ということ。

ほとんどの方がシミ・そばかすの対策をしているということは、それだけシミ・そばかす対策は必要不可欠なことと言えますからね。

なので、シミ・そばかすを放置して何も対策や予防をしていない人は、手遅れになる前に対策をするのがおすすめですよ!

MEMO
ただ、対策でも化粧品などを利用するのは一時的なその場しのぎの対策にしかならないので、当サイトではシミ・そばかすを内側から予防できる医薬品を推奨しております。

ではそれを踏まえた上でシミ・そばかすに効く医薬品の選び方やおすすめの医薬品を紹介しますね。

シミ・そばかすに効く薬ランキングを今すぐ見る人はこちらからジャンプ

シミ・そばかすに効く飲み薬(医薬品)を選ぶ際の4つのポイント

シミ・そばかすに効く飲み薬(医薬品)を選ぶ際の4つのポイント

例えば、

  • CMでやっていた
  • 周りの友達が良いと言っていた
  • ドラッグストアで進められた

このような理由だけでシミ・そばかすに効く飲み薬を選んでいませんか?

もちろん、どれも間違いではありませんが、上記の理由だけで決めてしまうのはあまりおすすめしておりません。

しっかりとシミ・そばかすに効く飲み薬を選ぶ際のポイントをまずは抑えることが大切です。

では、選ぶ際のポイントですが、下記の4つを基準に選ぶことで買って後悔した!ということにはならないはずですよ!

  • 価格
  • L-システインの配合量
  • その他の成分
  • 返金保証制度

それぞれ解説しますね。

ポイント①:試しやすい価格

いくらシミ・そばかすに効く医薬品でも、シミ・そばかすは1日2日ですぐに無くなるわけではありません。

ある程度の期間は継続しないと効果を実感するのは難しいです。

それに「ちょっと気軽に1ヶ月くらい試したい!」という場合も価格が高額だったら気軽に試すことはできませんよね?

そうなると、どれだけ試しやすい価格で購入できるのか?ということは非常に大きなポイントになります。

例えば、ドラッグストアなどに置いてあるシミ・そばかすに効く医薬品はあまりキャンペーンなどを行っていないので、価格が高額なことが多いです。

しかし、ネット上に公式サイトを持っていたり、独自のネットショップで販売している医薬品は、初回価格が安く求めやすい価格を提供していることがよくあるのです。

私も今までシミ・そばかすに効く医薬品を散々試してきましたが、同じ成分で同じ配合量なのに全く価格が違っていたということもありました。

価格をすべて調べるのは大変だと思いますので、後ほど価格を含めて比較している表も合わせて紹介するのでチェックしてみてくださいね。

ポイント②:L-システインとビタミンCの配合量

シミやそばかすの原因となるのが下記の2つなのはご存知でしょうか?

  • メラニン色素の過剰生成
  • ターンオーバーの乱れ

少しイメージがわかないかもしれませんが、下記の画像を見てみてください。

メラニン色素が生成して肌にシミができるまです。

このメラニン色素を生成を抑制してくれるのがL-システインビタミンCいう成分です。

MEMO
L-システインはアミノ酸の一種で、皮膚や髪の毛などを生成するために必要不可欠な成分。

実際にL-システインとビタミンCに関しては日本医科大学皮膚科教授も美白効果があるいっている成分ですので、

これらはチロシナーゼといって、メラニンをつくる際の律速酵素、最も重要な酵素の活性を抑制することが明らかにされています。ですから、直接メラノサイトに働いてメラニンの生成を抑制することができる。

引用:美白医薬品の効果と安全性

シミやそばかす対策するには大切は成分だということがわかりますよね。

基本的には、シミやそばかすに効く医薬品には、ほとんどL-システインとビタミンCは配合されています。

ただ、配合量はそれぞれの医薬品によって異なってくるので、できるだけ配合量が多いシミやそばかすに効く医薬品を選ぶようにしましょう

ポイント③:配合されているその他の成分

L-システインとビタミンCは、シミやそばかすに必要不可欠な成分ですが、それ以外にも独自で配合している医薬品などがあります

例えば同じビタミン類ではありますが、

  • 抗酸化作用が強くシミやそばかすにも良いとされる「ビタミンE」
  • ターンオーバーの促進作用がある「ビタミンB2」「ビタミンB6」

など、L-システインとビタミンC以外にもどんな成分も配合しているかもチェックするのがおすすめです。

すべて配合されていば良い医薬品というわけではありません、他の商品よりも良い商品を作ろう!というのは大切ですからね!

ポイント④:返金保証などのお得な制度

シミやそばかすの医薬品は、効果が立証されてはいますが、すべての人に全く同じ効果がでるということはありません。

もしかしたら、合わなくて全くシミやそばかすが消えなかったということもあります。

そうなってしまうと「結局購入した意味がない」となってしまいますよね。

そんな効果がなかったり、少し飲んでいて不快だった時などに使えるのが返金保証制度です。

すべてのシミ・そばかすの医薬品にある制度ではありませんが、一部の医薬品では「〇〇日間以内であれば返金保証します」という特典を付けている医薬品があるのです。

返金保証制度があるシミ・そばかすの医薬品を活用すれば、万が一、効果が出なかった時も保証期間内であればお金が戻ってくるので安心して試すことができます

特に初めてシミ・そばかすの医薬品を試してみようと考えている方は返金保証があるかどうかもチェックしてみてください。

シミ・そばかすにおすすめの飲み薬(医薬品)10種類を徹底比較

以上の4つのポイントを踏まえて、当サイトでは口コミで評判が良いシミ・そばかすの飲み薬10種類を比較してみました!

比較する項目は「価格」「成分」「返金保証制度」の3つの項目です。なお公式サイトや調べてわからない部分に関しては「-」で記載してあります。

価格 返金保証 成分 詳細
ホワイピュア 初回:1,900円
通常:5,800円
L-システイン:240mg
ビタミンC:1,000mg
ビタミンB2:6mg
ビタミンB6:12mg
ビタミンE:50mg
公式HP
ミルセリンホワイトNKB 初回:2,037円
通常:4,000円
L-システイン:240mg
ビタミンC:1,000mg
ビタミンB2:6mg
ビタミンB6:12mg
ビタミンE:50mg
公式HP
ホワイトルマン 初回:1,900円
通常:7,900円
ビタミンC:1,200mg
ビタミンB2:10mg
ビタミンE:100mg
公式HP
キミエホワイトプラス
初回:1,900円
通常:4,200円
L-システイン:240mg
ビタミンC:500mg
ビタミンB5:24mg
公式HP
チョコラBBルーセントC 3,789円 L-システイン:240mg
ビタミンC:600mg
ビタミンB2:15mg
ビタミンB6:20mg
ビタミンE:100mg
ビタミンB3:25mg
公式HP
ハイチオールCプラス 4,200円 L-システイン:240mg
ビタミンC:500mg
ビタミンB5:24mg
公式HP
ハイチオールCホワイティア 4,500円 L-システイン:240mg
ビタミンC:500mg
ビタミンB5:30mg
公式HP
ハイチオールCプルミエール 4,500円 L-システイン:240mg
ビタミンC:300mg
ビタミンB5:24mg
公式HP
ロスミンローヤル 初回:1,900円
通常:7,900円
L-システイン:160mg
ビタミンC:180mg
ビタミンB2:10mg
ビタミンB6:15mg
ビタミンE:50m

ビタミンB1:10mg
ビタミンB12:5μg
公式HP
トランシーノ ホワイトCクリア 2,600円 L-システイン:240mg
ビタミンC:1,000mg
ビタミンB2:6mg
ビタミンB6:12mg
ビタミンE:50mg
ビタミンB3:60mg
公式HP

シミ・そばかすに効く医薬品を比較してみてわかったことは、やはり良いシミ・そばかすの飲み薬ほどL-システインやビタミンCがしっかりと配合されているのがわかりました。

また、ドラッグストアなどで簡単に手に入るシミ・そばかすの医薬品ほど、1個あたりの金額が高い傾向にあり、返金保証なども一切ありませんでした。

近くにドラッグストアなどがあればすぐに買いにいけるというメリットは確かにありますが、おそらくそれだけ。

必ずしも店舗にあるから良い商品ということはありません。

知名度や人気があるというのも確かに選ぶ際には大切です。しかし、同じ配合量でキャンペーンもなく料金も高いなら選ぶメリットはほとんどないですよ。

そこで次からは上記で比較した項目に加え、私が実際に試した評価やネット上の口コミなどを元に本当におすすめできるシミ・そばかすの効く医薬品5選をランキングにしてみました!

シミ・そばかすにおすすめの飲み薬(医薬品)ランキングトップ5

返金保証がある「ホワイピュア」

 

ホワイピュアの評価
価格
(5.0)
成分
(4.5)
口コミ
(5.0)
総合評価
(5.0)

ホワイピュアの特徴

ホワイピュアはL-システインやビタミンCの成分以外にも、ビタミンB6やビタミンB2といった成分が配合されているシミ・そばかすの医薬品。

L-システインとビタミンCの配合量も、L-システインが240mgとビタミンが1,000mgと高配合量です。

価格 初回:1,900円
通常:5,800円
メイン成分 L-システイン:240mg
ビタミンC:1,000mg
ビタミンB2:6mg
ビタミンB6:12mg
ビタミンE:50mg
添加物の数 【計8種類】トウモロコシデンプン、結晶セルロース、クロスカルメロースナトリウム、
メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、 ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴール
全額返金保証 20日間

【管理人から一言】

他のシミ・そばかすの医薬品と比べて特別すごい成分が配合されているわけではありませんが、なんといっても20日の全額返金保証があるのが強み

また初回に限り1,980円で試すことができ、更に薬用美白クリームもプレゼントとして貰えるのも他のシミ・そばかすの薬よりも優れているポイントです。

使用して感じたのは試して2週間ほどでシミやそばかすが薄くなっていったこと。これには本当に驚きました(笑)

今までたくさんのシミ・そばかす対策をしてきましたが、ここまで効果を実感できたのは初めて♪また、添加物も他の薬よりも少ないので、安心して摂取することができました!

ミルセリンホワイトNKB

ミルセリンホワイトNKBの評価
価格
(4.0)
成分
(4.5)
口コミ
(4.5)
総合評価
(4.5)

ミルセリンホワイトNKBの特徴

ミルセリンホワイトNKBも実はメイン成分の配合量などはすべてホワイピュアと同じです。ですので、メイン成分に関してはしっかりと配合されています。

ただ、添加物に関してミルセリンホワイトNKBが4種類も多く配合されているのは、個人的にはちょっと嫌でした。

それに独自のプレゼントやキャンペーンなどもないですし、そこまで特徴があるというシミ・そばかすの医薬品ではありません。

3個セットの定期コースなら価格がもう少し安くはなるので、長期間で服用を考えている人にはおすすめです。

価格 初回:2,037円
通常:4,000円
メイン成分 L-システイン:240mg
ビタミンC:1,000mg
ビタミンB2:6mg
ビタミンB6:12mg
ビタミンE:50mg
添加物の数 【12種類】トウモロコシデンプン、乳糖水和物、セルロース、CMC、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、
酸化チタン、タルク、大豆レシチン、カルナウバロウ
全額返金保証 なし

トランシーノ ホワイトCクリア

トランシーノ ホワイトCクリアの評価
価格
(4.0)
成分
(4.0)
口コミ
(3.0)
総合評価
(4.0)

トランシーノ ホワイトCクリアの特徴

トランシーノ ホワイトCクリアは、L-システインやビタミンCの配合量はホワイピュアと同じで、その他の成分が充実しているシミ・そばかすの医薬品です。

他のシミ・そばかすにはあまり配合されていない「ビタミンB3(ニコチン酸アミド)」を配合しているので、更に肌を活性化する効果が期待できますよ

ただ、価格面や返金保証がないなどその他の部分では1位のホワイピュアに劣るかなということで3位にしました!

価格 2,600円
メイン成分 L-システイン:240mg
ビタミンC:1,000mg
ビタミンB2:6mg
ビタミンB6:12mg
ビタミンE:50mg
ビタミンB3:60mg
添加物の数 【11種類】トゥモロコシデンプン、乳糖、セルロース、カルメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、酸化チタン、タルク、マクロゴール、カルナウバロウ
全額返金保証 なし

トランシーノ ホワイトCクリア公式ページはコチラ

キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラスの評価
価格
(4.0)
成分
(3.0)
口コミ
(3.0)
総合評価
(3.0)

キミエホワイトプラスの特徴

キミエホワイトプラスといえばCMでガンガンやっているので一度は見たことがある方も多いのでは?それくらい認知度は高いシミ・そばかすの医薬品。

ただ、実際に比較してみると他のシミ・そばかすの医薬品に劣る部分も多いことがわかりました

シミ・そばかすに必要不可欠なL-システインとビタミンCは配合されていていまうが、ビタミンCは500mgしか配合されていなく、そのほかもビタミンB5だけ。

価格は1,900円と試しやすい価格で4位にしましたが、配合成分を考えるとあまりコスパがいい医薬品ではないと感じました。

価格 初回:1,900円
通常:4,200円
メイン成分 L-システイン:240mg
ビタミンC:500mg
ビタミンB5:24mg
添加物の数 【12種類】セルロース、無水ケイ酸、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、タルク、ステアリン酸マグネシウム、ポリビニルアルコール・アクリル酸・メタクリル酸メチル共重合体、ヒプロメロース、酸化チタン及びカルナウバロウ
全額返金保証 なし

キミエホワイトプラス特典付き公式ページはコチラ

ハイチオールCホワイティア

ハイチオールCホワイティアの評価
価格
(3.0)
成分
(3.0)
口コミ
(2.0)
総合評価
(2.5)

こちらもおそらくどこのドラッグストアや店舗に置いてあるのではないかというくらい、物凄く有名なシミ・そばかすの医薬品です

私が1番初めに試したシミ・そばかすの医薬品でもあります。

特にメリットはないので、ランキングに入れるか悩んだのですが、店舗で気軽に変えるというメリットのみで5位にしました。

その他にメリットがあるかというと微妙なので、どうしてもすぐにシミ・そばかすの医薬品がほしい!という方向けです。

価格 4,500円
メイン成分 L-システイン:240mg
ビタミンC:500mg
ビタミンB5:30mg
添加物の数 【15種類】無水ケイ酸、セルロース、乳酸Ca、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、マクロゴール、ステアリン酸Ca、タルク、酸化チタン、トウモロコシデンプン、酒石酸、ジメチルポリシロキサン、二酸化ケイ素、ポリビニルアルコール・アクリル酸・メタクリル酸メチル共重合体
全額返金保証 なし

ハイチオールCホワイティア公式ページはコチラ

迷ったらホワイピュア!おすすめする理由はこれです!

数あるシミ・そばかすの医薬品でも当サイトが優秀だなと感じたのがホワイピュアです。ではなぜホワイピュアを良いと思ったのか?その理由を簡単にまとめてみました!

  • L-システインとビタミンCが高配合
  • ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEも配合している
  • 添加物が他の医薬品よりも少ない
  • 初回価格が1,900円と試しやすい
  • 全額返金保証20日があるのでリスクがない
  • 薬用の美白クリームが無料でついてくる
  • 定期コースに契約縛りがない
  • GMP認定工場やPMSで品質管理が徹底している

私は今まで様々はシミ・そばかすの医薬品を試してきましたが、1番試しやすく自分にあったのがホワイピュアだと感じています。

もちろん、その他のシミ・そばかすの医薬品もよくないというわけではなく、あくまでも「私が試した中でよかったシミ・そばかすの医薬品を紹介している」と思っていただければ幸いでず。

なぜそこまでホワイピュアが良いと私が感じたのかというと、配合成分にはしっかりとシミやそばかすに良いL-システインやビタミンCが配合。

また、L-システインやビタミンC以外にもターンオーバーの促進効果や抗酸化作用があるビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEも配合しているからです

市販薬の中にはあまりL-システインやビタミンCの配合量が少ない薬や、その他の成分があまり配合されていない医薬品も少なくありません。

ホワイピュアは、L-システインが240mgでビタミンCが1,000mg配合されているので、シミやそばかすの医薬品の中でも高配合量という点も私が魅力に感じた部分です。

それに、なんといっても初回価格が1,900円で試すことができ、全額返金保証も20日あるので安心して試すことができたというのが最もおすすめできる理由です。

購入する前はやはり「シミやそばかすが消えなかったらどうしよう?」という不安もありました。

しかし、全額返金保証があり万が一、全く効果が実感できなかったらお金が戻ってくるという安心感があったので、ホワイピュアではその不安もほとんどなかったです。

結果的には、徐々にシミやそばかすがなくなってきているので継続して利用していますが、リスクなしで初められるというのは他のシミ・そばかすの医薬品にはない強みだと思っています。

もちろん、ホワイピュア以上に成分が良かったりするシミ・そばかすの医薬品はあるかもしれませんが、何を選んでいいのか迷ったら一度ホワイピュアを試して見る価値はあるのかなと私は思います。

ホワイピュアの特典付き公式ページはコチラ

そもそもシミやそばかすができる原因って何?

そもそもシミやそばかすができる原因って何?効果がある理由

そもそもシミやそばかすができる原因は知っていますでしょうか?

シミやそばかすが出来てしまう原因は、

  • 紫外線
  • ホルモンの変化
  • 活性酸素

上記の3つですが、最も多いのが紫外線によるものです。(70%以上が原因と言われている)

簡潔にまとめるとこのようなステップでシミやそばかすができますが、

  1. 紫外線を浴びる
  2. 酸化酵素のチロシナーゼがメラニン色素を合成
  3. 作られたメラニン色素が肌表面まで運ばれる
  4. ターンオーバーが不調で排出できない
  5. 肌表面に運ばれた黒色メラニン色素が沈着

言葉で説明するのは少し分かりづらいと思いますので、下記の画像をみてください。

これがシミが出来てしまう原因です。

シミやそばかすは、黒色のメラニン色素が過剰に蓄積されて肌の部分が茶色や黒く見えてしまう状態なので、

  • シミやそばかすをなくすにはメラニン色素を抑制
  • ターンオーバーの正常化する

という2つが鍵となります。

ですので、対策にはメラニン色素の抑制や排出、ターンオーバーの促進をサポートしてくれるLシステインや、抗酸化作用が強いビタミンCが配合されているシミやそばかすの医薬品を摂取することで対策することできるのです。

抑制するために表面にできたシミやそばかすにアプローチするのも大切ですが、肌の内側からもしっかりと対策をしないとこのメラニン色素を抑制することはできないので注意しましょう。

MEMO
黒色のメラニン色素は完全な悪ではなくあくでも過剰に生成されるとシミやそばかすに原因になるだけ。実際には紫外線のダメージなどを防ぐ働きがある大切な物質の1つ。

シミ・そばかすに効く医薬品を摂取する際の4つの注意点

シミ・そばかすに効く医薬品を摂取する際の4つの注意点

ただ、シミやそばかすに聞くと言われる医薬品ですが、あくでも医薬品なので摂取する場合には下記の4つのポイントはしっかりとチェックするようにしましょう。

  • 1日の用法・用量は必ず守る
  • 7歳未満には服用させない
  • 医師の治療や薬やアレルギー持ちの方は医師に相談
  • 吐き気や嘔吐といった副作用が出たらすぐに中止

1日の用法・用量は各医薬品によって異なりますが、ほとんどの医薬品は商品のパッケージにしっかりと記載してあります。

下記のホワイピュアですが、後ろにしっかりと用法・用量が記載されています。

年齢 1回量(1日2回)
成人(15歳以上) 3錠
7歳以上15歳未満 1錠
7歳未満 服用しないこと

多く摂取したからといってシミやそばかすの症状が良くなるということもないですし、副作用がでる恐れもあるので用法・用量は確認して絶対に守るようにしましょう。

また、ホワイピュアに限らずシミやそばかすの医薬品は「7歳未満は摂取することができない」ので、合わせて注意してくださいね。

そのほかには、別の医薬品を摂取していたり、原材料にアレルギーがある方などはシミやそばかすの医薬品を摂取する前にかならず医師に相談することをおすすめします。

シミやそばかすの医薬品でよくある副作用としては以下のような症状がでるケースも少なくありません。

部位 副作用
皮膚 発疹・発赤、かゆみ
消化器 吐き気・嘔吐、胃部不快感、腹痛

ほとんどののシミやそばかすの医薬品は第三類医薬品なので、そこまで副作用が出るということはありませんが、それでも医薬品ですので副作用の恐れはあります。

少しでも上記のような症状が見られたら一度、摂取するのはやめてひどいようなら病院に行き医師に見てもらうようにしましょう。

シミ・そばかすに効く薬ランキングに戻る

シミ・そばかす対策に普段からしたい日常でできる方法

シミ・そばかす対策に普段からしたい日常でできる方法

シミ・そばかす対策は飲む医薬品などを活用してすることもできますが、普段から下記の4つも意識することでよりシミ・そばかすを抑えることができます。

  • 薬用クリームなどを活用する
  • 食べ物
  • 紫外線対策
  • 洗顔や睡眠

薬用クリームや薬用オールインワンジェルなどを活用する

飲む薬はあくまでも内側からシミやそばかすを消していく効果があるものです。

ですので、やはり直接的に肌に塗る薬用クリームや薬用オールインワンジェルなどよりは効果を実感するのには時間がかかります

例えばシミや乾燥小じわへの効果を実際に認められている商品にSimiTRY(シミトリー)という薬用オールインワンジェルがあります。

私はこちらも併用して活用しているのすが、シミ・そばかす対策の飲む薬だけを摂取するよりも明らかに早く効果を実感することができました。

もちろん、飲む薬だけでも効果を実感することはできると思いますが、

より早くシミやそばかす対策をしたいならシミトリーのような薬用オールインワンジェルなども上手に活用するのがおすすめですよ!

SimiTRY(シミトリー)の公式サイトを見てみる

シミ・そばかすに良い栄養素を食べ物から摂取する

普段の食事ではしっかりと栄養素のことは考えて摂取していますか?

医薬品やサプリメントから必要な栄養素を摂取しているからといって、食事を疎かにしてはいけません。

しっかりと、肌やシミ・そばかす予防におすすめの栄養素を常日頃から意識して摂取するようにしましょう

例えば、普段から意識してほしい栄養素は、

  • メチオニン(L-システイン)
  • ビタミンC
  • ビタミンE

上記の3つは特に効果がある栄養素です。

MEMO
L-システインは食品の中にはなく、メチオニンという成分を摂取することで体内で生成される。

それぞれが多く含まている食べ物や食品をまとめましたので参考にしてください。

栄養素 食品や食べ物
メチオニン(L-システイン)
牛乳(乳類)
さば
カツオ
イワシ
たら
牛肉
チーズ
鶏肉
豚肉
ビタミンC アセロラ
ケール
パセリ
グァバ
ピーマン
ゆず
キャベツ
ブロッコリー
キウイフルーツ
ビタミンE せん茶
アーモンド
とうがらし
トマト
あんこう
らっかせい

紫外線対策をする

シミ・そばかすの1番の原因は紫外線を多く浴びてしまうこと。ということは、紫外線をなるべく浴びないようにすることも大切です

例えば、冬は寒いから紫外線はしなくても大丈夫!と思いがちですが、紫外線の量は冬でも出ているので、1日外にいる場合などはしっかりと紫外線対策する必要があります。

あとは、基本的に肌を出さないことが1番の紫外線対策になるので、日傘や帽子、カーディガンなどを上手に活用するのがおすすめ。

ただ、夏だと暑いから無理!という人は、日焼け止めクリームなどは必ず塗って紫外線対策をするようにしましょう。

洗顔は優しく睡眠時間はしっかりと取る

特に男性に多いのですが、洗顔をする際に顔をゴシゴシと強くこすっていませんか?実はこれはNG。

強くゴシゴシしてしまうと肌が傷ついていまい、それが原因でシミ・そばかすができやすくなってしまうのです

また、日焼け止めを使用した後に洗顔をしっかりとしない人もいますが、あれも肌トラブルが起こる原因。

日焼け止めをそのままにしていると、クリームの汚れが溜まってしまい肌が悪化する可能性が高いからです。

ですので、洗顔をする際は泡立ててから優しくこすり、日焼け止めなどを使用した後なども丁寧に洗顔するようにしましょう

また、睡眠時間が極端に短いとホルモンバランスが乱れてしまい、肌などに影響がでる可能性もあります。

どうしても忙しい場合はしょうがいないですが、夜更かしなどはしないでしっかりと睡眠できるときは寝るように心掛けてくださいね!

シミ・そばかすに効く薬ランキングに戻る

【Q&A】シミ・そばかすに効く医薬品に関する疑問を解決!

最後にシミ・そばかすの医薬品に関する疑問をいつくか紹介したいと思います。

気になる疑問があれば参考にしてみてくだあい。

シミ・そばかすなら飲む薬と塗り薬どっちがいい?

シミ・そばかすの対策には、肌の表面と肌の内側の両方からケアするのが最もおすすめの対策です。肌の表面だけでは根本からシミ・そばかすの解決にはなりませんし、内服薬の場合は時間がかかるのがデメリットでもあります。ですので、しっかりと対策したいのであれば両方を併用することを当サイトでは推奨しております。

シミ・そばかすの薬が全く効果がないけどどうしたらいい?

いくら医薬品で効果が立証されているといっても、人によっては全く効果がでないということも当然あります。ですので、どうしても色々なシミ・そばかす対策をしても効果がないという人は一度、皮膚科などに行き医師に相談するのがおすすめです。処方される薬なども変わってくるとおもますので。

高校生や中学生でも利用することができますか?

基本的に7歳未満でなければシミ・そばかすの医薬品は利用することができます。ただ、商品によって年齢などは変わるので購入する前に公式サイトなどは必ず確認することをおすすめします!

シミ・そばかすに効く医薬品を上手に活用しよう!

シミ・そばかすにおすすめの医薬品はたくさんありますが、それでも比較してみるとそれぞれ違いがでるのがわかると思います。

ぜひ今回の記事を参考にして頂き、購入する際の参考にして頂けばなと思います。

シミ・そばかすに効く薬ランキングに戻る